プロフィール

個人データ

氏名 後藤 修
生年月日 1948年2月15日
出生地 宮崎県

学歴

1966.3 私立日向学院高等学校卒業
1970.3 東京大学理学部物理学科卒業
1976.3 東京大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了
1979.1 理学博士、東京大学大学院理学系研究科

職歴

1976.4-2001.3 埼玉県立がんセンター研究所、生化学部、研究員
1988.11-1989.11 テキサス大学ヒューストン校、健康科学センター、客員準教授
2001.4-2003.3 産業技術総合研究所・生命情報科学研究センター、チーム長
2003.4-2012.3 京都大学大学院・情報学研究科・知能情報学専攻、教授
2012.4- 京都大学、名誉教授
2012.4-2014.3 産業技術総合研究所・生命情報工学研究センター、招聘研究員
2014.4- 東京大学大学院新領域創成科学研究科・情報生命科学専攻、特任研究員
  産業技術総合研究所・ゲノム情報研究センター、客員研究員

研究テーマ

バイオインフォマティクス

タンパク質アミノ酸配列、ゲノムDNA塩基配列の比較を中心とした情報解析のためのアルゴリズと計算機プログラムの開発。特に、マルチプル配列アラインメントおよび、ホモロジーを積極的に利用した真核生物の遺伝子構造予測法の開発。

DNA二重らせん構造の熱安定性

天然DNAの熱融解曲線に見られる超微細構造の解析。一次元の非結晶格子モデルを用いた熱力学理論と実験結果との対応。

チトロームP450関連

チトクロームP450超遺伝子族、および関連遺伝子、タンパク質に関する分子生物学、構造・機能部位予測、および分子進化。

転写因子および遺伝子発現

ダイオキシンレセプター(AhR/Arnt)、低酸素による誘導因子(Hif)、概日リズムの調節因子(Clock, Per, Cycle)など、主にbHLH-PAS型転写因子の配列解析。

ミトコンドリアDNAの物性と遺伝学

ミトコンドリアDNAの熱安定性、多型、遺伝様式、分子進化。